堺市・方違神社

厄払いで有名な方違神社とは

方違神社とは厄払いで有名な神社です。
厄といえば厄年と言われる男女ともに決められた年齢とその前後に訪れるものを想像しがちですがそれだけではありません。
八方除けや方位除けとも言われるものがあり、自分にとってよくない方位に進まなければならない時にその厄を払ってもらうということもできるのです。

この八方除けや方位除けをするにあたっては自分にとっての良い方角や悪い方角を知ることが必要です。
これは九星気学に基づいて自分がどの星に当たるのかを調べて自分にとっての良い方位や悪い方位を知ることが必要になります。

ちなみにこの方位は年によって違うもので、人によっては全方位が悪いということもあります。
これが八方塞がりの語源です。
もしも自分の方位がわからないという人は、インターネットでも九星気学は調べることができますから事前に確認をしてみましょう。

このような方角が関係する厄払いというのはどのようなタイミングで受ければ良いかわからないという人も少なくありません。
基本的には自分が移動する場面でお祓いをしたり参拝をしたりすれば良いとされています。
進学や就職、転居といったものが最も有名であり、人によってはよくない方向に旅行をする際に祈願をするという人もいます。

方違神社で参拝をする

方違神社は大阪府堺市という大阪の中心地からほど近い場所にあります。
そのため関西に住んでいる人で八方除けを考える人は多くがここを参拝するといっても過言ではありません。

社伝によると紀元前93年ごろ、国内に疫病が流行して多くの人が死亡したことを悲しんだ天皇が物部大母呂隅足尼(もののべのおおもろすみのすくね)に須佐乃男神を祀ったとされています。
これによって疫病が途絶えて五穀豊穣となったと言われており、これが方違神社の起源です。

ご祈祷は午前9時から午後4時まで受けることができます。
特に予約が必要なものではないですし、予約をすることもできません。
そこでご祈祷して欲しいと思った日に訪れて社務所で直接ご祈祷を申し込みます。

ただし、毎日受けることができるのではなく、9のつく大安以外の平日はご祈祷がお休みとなってしまいいます。
土日、祝日の大安は9の日でもお休みはありません。
授与所は年中無休です。

一般的な祈願として、新築や転居、増改築、旅行といった方除祈願が有名ですが、それ以外にも安産や良縁、受験といった祈願もしてもらうことができます。
一般祈祷以外にも特別祈祷と言われる個人的な祈祷もしてもらうことが可能です。

ご祈祷してもらうとお札をいただくことができますが、これは祀り方がきちんと決まっています。
そこできちんとこれを守るために自宅の方位は確認しておきましょう。