大阪市・観心寺

歴史的に重要な意味を持つ観心寺

観心寺は大阪市内から少し遠い川内長野市という場所にあるお寺です。
梅の花が綺麗に咲くため、関西花の寺二十五霊場の一つとしても知られています。

それだけでなく歴史的にもとても貴重な場所です。
京都から高野山に向かう途中に位置しており中宿として、楠木正成の菩提寺として、真言宗の道場として、など様々な側面もあります。
そして日本の密教で最も魅力的な傑作であると言われている如意輪観音像をご本山としていますし、折衷様建築の代表作とも言われる金堂はどちらも国宝であり、その文化財としての素晴らしさも実物となっています。

ただし、如意輪観音像はとても貴重なものであるために常にお参りできるものではありません。
拝観できる日は限られており、毎年年に一度4月の17日と18日のみご開帳がされています。
そのため、このご開帳の時期に合わせて参拝をするという人も多いです。

如意輪観音像

観心寺といえばその御本尊である如意輪観音坐像が有名です。
平安初期の弘法大師が作ったものであり仏像好きな人はもちろんですが、そうでない人にも多く知られている仏像でもあります。

この如意輪観音は秘仏であるために普段は拝めません。
4月の17日と18は観音様のご縁日とその前日であるためにこの2日間だけ特別に公開がされます。

金堂内は撮影禁止であるために写真というのは残っていません。
参拝する際にも少し薄暗いお堂の中でろうそくを灯して参拝するためにはっきりと見ることができないのです。
しかし、ろうそくに灯されたお姿が妖艶でとても美しいということで一度訪れた人はその姿をまた見たいと考えてご開帳の際には足繁く通っている人も多くいます。

公開中には法話が行われています。
30分ほどのものであり、何度も行われていますから訪れる際には如意輪観音を参拝するだけでなく法話も合わせて聞くことが望ましいです。

美しい金堂

観心寺の金堂は南北朝時代に建立されたものです。
折衷様建築の代表作とも言われています。

寺院の建築には鎌倉以前から寺院建築として用いられていた和様は地震に強く、鎌倉時代初期に東大寺再建に当たって採用された大仏様は大型建築に対応できるものであり、同じく鎌倉初期に禅宗と共に日本に伝わった禅宗様とがあります。
折衷様というのはこれらの3つの良いところを取り入れた建築様式です。
かつては折衷様のことを観心寺様と読んだと言われており、観心寺は折衷様を代表する建物と言えるものです。

パワースポット

観心寺は最近ではパワースポットとしても注目されています。
日本で唯一の北斗七星を巡礼する霊場でもあるためです。
境内には7つの星塚があります。

厄除け開運を願うための霊場であり、中には星塚となっています。
巡礼の方法があり、金堂にその方法が書かれていますから正しく巡礼しましょう。