大阪市・杭全神社

熊野権現の総社として重要な位置につく神社

杭全神社は、大阪市平野区にある神社で、創建は西暦862年にさかのぼるほど伝統のあるところです。
時の征夷大将軍、坂上田村麻呂の孫が、この地に神社を創建したのが始まりとされていて、それ以来ずっとこの地の氏神として人々の安全を守ってきました。

その後、時代を通じて、朝廷や庶民からの信仰を集め、重要な神社として大きな役割を果たしてきました。
特に、後醍醐天皇の時代、熊野三所権現として認められ、熊野権現の総社として高い権威を持つようになりました。

日本最初の夫婦を祀る神社

杭全神社では、伊弉諾尊と伊弉冉尊を祭神として祀っています。
この2柱の神様は、日本で最初に夫婦となった神様としてされています。

こうした由緒から、この神社では縁結びや夫婦円満の祈願を行っていて、家族を大事にする多くの人々がこの神様にあやかろうを参拝に訪れます。
こうした由来からも、神前式にふさわしい神社として人気があります。

こちらでは、本殿と儀式殿での挙式ができるようになっていて、新郎新婦の希望や好みに合わせて選べるようになっています。
重要文化財として指定されている、美しく素晴らしい雰囲気を醸し出している本殿の挙式は、まさに神前式場の見本のような、素晴らしいところです。
時代を感じさせる社殿で行う挙式は、タイムスリップしたかのような気分で、特別な時間を提供してくれることでしょう。

また、儀式殿は、空調が完備されていますし、親族や新郎新婦との控え室が近いというメリットがあり、便利に挙式を行えるのがポイントです。
ご親族の体調などを考慮して、儀式殿での挙式を選ぶ方もいます。

神社での挙式を行うならプロに頼むのが一番

8f65fddcf069be99e0aff161cd63b06e_s神前式は日本古来の結婚式のスタイルとは言え、現在は洋風の結婚式が主流で、神前式に関する情報があまりないのが現状です。
そのため、神前式を考えているなら、神社での挙式をプロデュースするプロに相談するのが一番です。

たとえば、「和婚スタイル」というところでは、神前式にぴったりな和服をレンタルしてくれますし、着付けや様々なお手伝いをしてくれます。

(参考記事)
http://www.wakon-style.jp/osaka/

また、神社に関する細かな情報提供や申し込みなどをしてくれますので、式の準備をスムーズに行えます。
そして、新郎新婦の要望に合わせられるように、神前式だけでなく、披露宴などのプランをいろいろと準備しています。

少人数でアットホームな雰囲気の中パーティーを行うことも、たくさんの人をよんで食事を楽しみながら披露宴を行うこともでき、様々な要望に応えられるのが良いところです。
まずは、ホームページを見て、情報をチェックしてみると良いでしょう。