泉佐野市・日根神社

日根神社で安産祈願を

大阪府泉佐野市にある日根神社は安産祈願で有名な神社です。
ご祭神は「鵜葺草葺不合命」と「玉依姫」という夫婦の神様で珍しいものになっています。

日本初代天皇である神武天皇を始めとする4人の子宝に恵まれたと言われています。
ここから子授かりや安産にご利益があるとして信仰がされているのです。

枕と縁のある日根神社

日根神社では枕と縁が深いと言われています。
これは村の娘たちが安産祈願のために枕を奉納したことに由来しているものです。
奉納した枕をのぼりにくくりつけるまくら祭というお祭りもあり、その枕は特に特別なご利益があると言われています。

このように枕が重要となったのにはきちんとした理由があります。
枕の語源というのは真座という神様をお招きするために頭を乗せる場所とされてきました。
そこで、最近では睡眠が満足に取れないという人が訪れていることも多いです。

日根神社の安産祈願

日根神社では安産祈願にとても多くの人が立ち寄ります。
そのため、当日受付でもご祈祷をしてもらうことができるのですが、予約をしている人も多いです。

ご祈祷は9時から17時まででこの時間であれば基本的に祈願をしていただくことはできます。
ただし、予約をしている人が優先されるので、早めに参拝することが決まっているようであれば予約をしておくと安心できます。

安産祈願をすれば腹帯が付いてきます。
この腹帯が日根神社ではさらしのタイプと腹巻タイプとがあり希望するものを選んでいただくことが可能です。
ただし、さらしタイプは5000円、腹巻タイプは7000円というように腹帯の種類によって初穂料が変わるので注意をしましょう。

腹帯は自分で用意をしても問題ありません。
自分で手持ちのものを持参すればそれも一緒にご祈祷していただくことができます。

夫婦の神社

日根神社は神様がご夫婦でお祀りされており、これはとても珍しいことです。
一般的な神社ではどちらか一方が神様とされていたり主祭神とされていたりすることがとても多いので、夫婦が二柱となってお祀りされるということはあまりありません。

男の神様自身も安産で誕生していますし、女の神様は子宝4人に恵まれさらに皆立派に育て上げています。
そのため安産で元気な赤ちゃんが生まれますようにということや子供が健やかに育ちますようにといったことを願う人が多く訪れています。

また、ご夫婦の神社ということにあやかって夫婦が長く仲良く一緒にいれますようにということを願う人も多いです。
せっかくなので参拝する際にはご夫婦であったり大事な人など、ずっと一緒にいたい人とともに参拝をするのもオススメです。