東大阪市・枚岡神社

天皇の勅命によって創建された神社

3d8b9bb7e4fa264864631c03c005adf0_s枚岡神社は、東大阪に位置する神社で、この地域を代表する歴史ある神社の一つです。
枚岡神社が創建されたのは、神武天皇が即位する3年前とされていて、大変古い歴史を持っています。
天皇が命令を下し、天児屋根神を祀ったのが始まりとされて、それ以降この地における重要な神社として存在してきました。

(参考記事)
http://www.hiraoka-jinja.org/

その後も、名だたる武将たちがこの神社を訪れ、その信仰を示して来ました。
その例を挙げると、平清盛が神馬を奉献していることから始まり、源義経や源頼朝が太刀を奉献しています。
また、豊臣秀頼もこの神社を訪れ、本殿を建立しているなど、歴史を通じて重要な人物の加護を受けて、篤い信仰を集めてきました。

様々な神事が行われ、人々の安全と繁栄を願ってきた

この枚岡神社では、毎月の独特の神事や行事が行われ、人々と国家の安全と繁栄を祈願しています。
たとえば、1月には粥占いが行われます。
この占いは、粥の状態を見てその年の穀物の実りを占うというもので、文化的にも貴重な祭りとして注目されています。

また、10月半ばには、秋郷祭と呼ばれる祭りが開催され、大変な盛り上がりを見せます。
ふとん太鼓とも称される、中に太鼓が入った神輿を担いで氏子町内を練り歩く祭りで、勇壮さと壮麗さから多くの人がこの祭りに訪れます。
稚児の行列などもあって、見所がたくさんあるのが魅力で、地元の人々だけでなく、日本各地さらには外国からの観光客もあって、賑やかな雰囲気に包まれます。

山際にあって、美しい景色を見せてくれる境内が見事

枚岡神社は、山に沿って神社やその他の施設が設けられています。
そのため、境内は平地にある他の神社と異なる、美しい顔を持っています。
季節によって木々が調和の取れた色合いを見せてくれて、素晴らしい世界ができあがります。

この美しさを目当てに、観光客はもちろんのこと、写真を撮るカメラマンも訪れ、その景色の素晴らしさを伝えてくれます。
もちろん、地元の人たちの憩いの場ともなっていて、のんびりと境内を歩く人や、小高い場所から景色を眺める人たちなどがいて、それぞれの楽しみ方を持っています。

このように、歴史を通して様々な層の人々の信仰の対象となってきて、常に人の往来が絶えない神社でした。
また、その美しさも変わることなく、悠久の時を経て、現在もその素晴らしさを見ることができます。
これからも、枚岡神社は多くの人々に愛され、大事にされていくに違いありません。
その魅力をあらためて知るためにも、時間を取って神社を訪れて、ゆっくりと境内を歩いてみると良いでしょう。