大阪市・住吉大社

初詣といえば住吉大社

大阪には数多くの神社が存在しています。
どれも由緒正しき格式がある神社といわれ多くの人が足を運んでいます。
多くの神社の中で、昔から愛され続けているのが、住吉大社です。

初詣といえば住吉大社と思い浮かべるほど多くの人が一年の始まりの場所として選ばれています。
大みそかになると夜中人がにぎわうようになり、12時と共に太鼓が打ち鳴らされます。
3日間で約200万人もの人たちが足を運び一年の幸せを祈願します。

昔から住吉大社は、すみよっさんという愛称で親しまれ、大阪の代表する神社として愛されています。
そのように愛される神社になる要因の一つとして挙げられるのが大阪の地を様々な天才から守ってきたという歴史があるからではないでしょうか。
そこで住吉大社にはどのような言い伝えが残されているのでしょうか。

住吉の神様の由来

住吉大社は、全国の2300社余の住吉神社の総本社として人々に愛されています。
摂津の国と呼ばれた時期から信仰が厚い神社で一の宮という社格がつけられたのが始まりです。

日本書紀や古事記などで住吉大社の神様について語られています。
伊邪那岐命が火神の出産で亡くなった妻である伊邪那美命を追い求め死者の世界に行きました。
しかし妻を連れて戻ってくることができずに、逆にケガレを受けてしまうことになります。
そのケガレを清めるために海に入りお祓いをしたときに、住吉大神の底筒男命と中筒男命と表筒男命が生まれたといわれています。

神様の土地と定めてお祀りすることになった由来は、第14代仲哀天皇の妃で神功皇后が住吉大神の力を借りて強大な新羅を平定しました。
その凱旋の途中で住吉大神のお告げによって、住吉のちに神様をまつることにしたといわれています。

伝統ある格式行事

住吉大社では20年ごとに本殿を新しくする式年遷宮祭が行われています。
そして毎年行われる大きな行事として住吉祭があります。
大阪市内では多くの夏祭りが行われています。

その夏祭りの最後を締めくくるといわれているのが住吉祭です。
大阪中をお清めするお祀りともいわれ、海の日には神輿洗神事が行われます。
堺市宿院まで神輿を船に乗せて海水で神輿を清めて住吉大社にお帰りになるという行事です。

7月30日には宵宮祭が行われ、31日には夏越祓神事・例大祭が行われます。
夏越祓神事・例大祭は無形文化財に指定されており、着飾った稚児たちが茅の輪を3回くぐってお祓いをするという儀式です。
茅の輪は住吉まつりの最終日である8月1日の夜まで神社の鳥居に設置されていますので、一般の参列者も必ずくぐってからお祓いをするようになっています。

そして最終日の8月1日には神輿渡御が行われます。
地元の人たちによって神輿が担がれ、堺の宿院頓宮へと向かっていきます。
大阪市内の最後の夏祭りとして位置づけられています。